メニュー

NEWS&TOPICS

ITビジネスニュース 一覧

2021.10.20

富士通が機器販売をアズ・ア・サービス提供へシフト

 富士通がシステムの提供形態をハードやソフトなどの販売からアズ・ア・サービスへシフトさせる。同社CTOに、今年7月に就任したヴィヴェック・マハジャン執行役員専務が10月12日の研究開発戦略説明会で明らかにした。  同氏によると、スーパーコンピュータなどのHPC(超高速計算機)や、理研と共同開発中の…

続きを読む

2021.10.20

日本IBMがサステナビリティ経営実現サービスを拡充

 日本IBMが10月4日、サステナビリティ(持続可能性)経営の実現に向けたサービスメニューに、サステナビリティの成熟度診断と戦略策定支援を加えたと発表した。同サービスは戦略策定などのコンサルティングからプラットフォーム構築などの実装、業界の枠を超えたエコシステム作りなどを提供するもの。  同社戦略…

続きを読む

2021.10.19

米IBMのクリシュナCEOが1ケタ台成長を宣言した理由

 米 IBM会長兼CEOのアービンド・クリシュナ氏が10月4日、投資家向け説明会で、1ケタ台の成長を持続させる考えなどを明かした。売上規模で3分の1を占めるマネージド・インフラサービスなどの部門を分社化(キンドリル)し、IBM社長のホワイトハース氏がわずか就任14カ月で退任する中での発言になる。 …

続きを読む

2021.10.18

NECが電力需給管理用クラウドを提供

 NECが10月7日、分散する電力と需給を調整するリソースアグリゲーション事業に参入すると発表した。都市インフラを担当する白石一彦執行役員は「昨年10月に菅総理(当時)が2050年に温室効果ガス排出量をゼロにすると宣言し、脱炭素社会の実現が急務になっている」と語り、カーボンニュートラルに向けて日本企…

続きを読む

2021.10.18

伸び悩むIT企業系DC、再編の加速か

 IDCジャパンが10月12日、国内のデータセンター(DC)サービス市場の予測を発表した。同社の伊藤未明氏によると、市場規模は20年の約1兆6000億円から25年に2兆6000億~7000億円になり、年率平均12%程度の成長を予測する。  驚異的な成長する理由は、国内でAWSなどのクラウドサービス…

続きを読む

2021.10.06

TISらが過疎地での配達ロボット活用策探る

 地方の人口減少が著しく、消滅する地域があると言われている。福島県会津若松市中心部から車で約40分の湊地区もその1つだ。人口1600人の同地区は毎年50人減り続けており、このペースなら20年から30年後に消滅するとの危機感がある。現地のNPO法人湊まちづくりネットワークによると、高齢化率41%の同地…

続きを読む

2021.10.06

米SoalWindsのCEOがサイバー攻撃事件後を語る

 IT管理ツールOrionを手掛ける米SoalWindsのスダカー・ラマクリシュナ社長兼CEOが9月28日のオンライン会見で、「透明性を担保する活動を展開し、ユーザーからの信頼が厚くなった」と語った。同社のIT管理ツールが2020年にサイバー攻撃を受けて、1万7000社以上のユーザー企業に影響を及ぼ…

続きを読む

2021.10.05

DXの遅れはIT企業にあり?、日経報道

 9月23日の日本経済新聞に、NECの森田隆之社長のインタビュー記事が掲載されていた。「大手ITがDX(デジタル変革)の遅れを招いている」との質問に、森田社長は御用聞き型アプローチと構想を含めたブループリントを提示していないことにあると答えている。また、同日のDX関連記事中に、「日本のデジタル化の遅…

続きを読む

2021.10.05

米AWSが日本政府にデジタル推進策を提案

 米AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)でエンタープライズ・ストラテジストを務めるマーク・シュワルツ氏が9月24日、在日米国商工会議所(ACCJ)主催の「日本ならびに米国のデジタル・ガバメント」に関するオンラインセミナーで、デジタル化の課題と解決策を提案した。同氏は、AWS入社前、米国土安全保障省米…

続きを読む

2021.10.04

特別セミナー、データ分析自動化ツールの米dotDataの藤巻CEO

 データ分析の自動化ツールを開発する米dotDataの藤巻遼平CEOが9月22日のITビジネス研究会特別セミナーで、「AI活用を提案できる中小IT企業になるには」というテーマで講演をした。データサイエンティストなどAI専門家がいなくても、データの分析から予測を可能にするものツールを同社は開発、提供す…

続きを読む

2021.09.22

データ分析のNewRelicが中堅・中小企業向け販売強化へ

 データ分析プラットフォームを展開する米NewReilicの日本法人が9月16日、中堅・中小企業向けの販売強化策を発表した。世界では8割が中堅・中小企業のユーザーだが、日本では4割にとどまっている。そこで、顧客体験価値の向上などを図るデジタルサービスを監視する中小企業向けに、月3万8400円(4ユー…

続きを読む

2021.09.22

NECがヘルスケア・ライフサイエンスの事業価値を5000億円に

 NECがAIなどのデジタル技術を駆使したヘルスケア・ライフサイエンス事業を強化し、メディカルケアとライフスタイル・サポート、ライフサイエンスの3つの領域で2030年度に5000億円の事業価値を創り出す考えだ。9月15日の同社主催セミナーで、コーポレート・エグゼクティブを務める北瀬聖光氏が語ったもの…

続きを読む

2021.09.22

IIJが政府クラウド獲得に向けて、ISMAP対応へ

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が9月15日、オンプレミスからクラウドへの移行を容易にするクラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2」を発表した。クラウド本部長を務める染谷直執行役員は「半分以上のサーバーをクラウド化したユーザーは20%以下にとどまる」とし、オンプ…

続きを読む

2021.09.21

小売業のテクノロジー活用課題、ゼブラ調査

 自動認識システムなどを手掛ける米ゼブラ・テクノロジーズの日本法人が9月7日、小売業界のテクノロジー活用に関するグローバル調査を発表した。同社社長の古川正知氏によると、分かったことが3つある。  1つは、消費者はオンラインと実店舗を柔軟に扱い分けていること。たとえば、生鮮食品をオンライン購入する消…

続きを読む

2021.09.21

データ管理のインフォマティカ日本法人が販売強化へ

 データ管理ソフトの米インフォマティカ日本法人の売り上げがこの10年間に約5倍になり、ユーザー数は500社を超えたという。マーケティングを担当する近藤雅樹氏が明らかにした。「DXに向けて、データを整理し、ビジネスを見える化する需要が拡大している」と、これから10年は過去以上の大きな成長を見込めるとい…

続きを読む

pagetop