メニュー

NEWS&TOPICS

ITビジネスニュース 一覧

2020.01.24

積水ハウスの安否確認システム

 積水ハウスは1月8日、米ラスベガスのCES2020で「在宅時急性疾患早期対応ネットワーク」構築を発表した。天井に設置したセンサーから急性疾患発症の可能性がある異常を検知したら、緊急通報センターに通知し、オペレータが呼びかけるなど安否確認を行うもの。救急への出動要請から救急隊が現場に到着したら、玄関…

続きを読む

2020.01.24

マイクロソフトがみる自動車業界

 米マイクロソフトで自動車業界担当ゼネラルマネジャーを務めるサンジェイ・ラヴィ氏はこのほど来日し、「今、MaaSへ向けた変革を遂げており、4つの力が同時に働いている」と自動車業界のトレンドを説明した。4つの力とは、CASEのこと。接続性(C)、自動運転(A)、共有(S)、電動化(E)によって、将来の…

続きを読む

2020.01.24

IBMがCESで新ビジネスを提案

 IBMが1月早々に開催されたデジタルテック見本市CES2020で、量子コンピュータとAI、ブロックチェーンの3つのデジタル技術を生活や仕事、スポーツなどに活用した事例を紹介した。素材開発や最適化、深層学習、シミュレーションなどに使われることを想定する28量子ビットのゲート式量子コンピュータQは、展…

続きを読む

2020.01.09

クラウドシフトを急ぐマイクロソフト

 米マイクロソフトがクラウドサービス会社への転換を加速するため、ハードウエア事業を強化し始めている。その1つが量子コンピュータだ。日本法人でCTOを務める榊原彰執行役員は19年12月中旬、「ゲート式量子コンピュータの研究開発を極秘に進めている」と話す。量子ビット数など詳細な説明はなかったが、オープン…

続きを読む

2020.01.09

NECが23年にも量子コンピュータ実用化へ

 NECが2023年にも数千量子ビットの量子アニーリングマシンの実用化に向けて開発に取り組んでいる。開発を加速する一環から、同分野でリーダー的な存在であるカナダのDウェーブシステムズとの資本業務提携も進めていく考え。  同社は1999年から量子コンピュータの研究開発を始めたが、意思決定や予算などの…

続きを読む

2020.01.09

固定電話ビジネスに賭ける音声ベンチャー

 CTIビジネスを展開するシンカがこのほど発表した「企業における固定電話の活用状況の調査」によると、企業における固定電話の必要性を9割以上が感じているという。企業内で固定電話へ対応した経験者が約7割で、しかもクレームや重要な顧客からの連絡が固定電話にあったからだという。  その一方で、固定電話にか…

続きを読む

2020.01.09

KDDIがローソンなどと協業する理由

 KDDIが2019年12月末、スマホ決済市場での生き残りをかけて、ローソンやポイントサービスを展開するロイヤルマーケティングと資本業務提携した。KDDIの高橋誠社長は「決済手段だけではなく、口座が大事で、その陣取り合戦になっている」とし、両社と提携する理由を話す。  一方、Pontaを運営するロ…

続きを読む

2020.01.09

NECがローカル5G市場に参入

 NECがローカル5G市場に参入する。19年12月末に商用免許を申請し、ネットワークインフラからアプリまでの5G活用環境の整備を企業や自治体に提案する。システム費用は数千万円から数億円で、それに見合う効果が生まれるのかが問われるビジネスになる。同社ネットワークサービスBUでシニアエグゼクティブを務め…

続きを読む

2019.12.24

HPエンタープライズ日本法人の事業方針

 米ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)日本法人のジャスティン・ホタード社長が12月12日、「as a serviceカンパニーになる」2020年度(21年10月期)の事業方針を説明した。その中核商品がHPE GREENLAKEになる。ビックデータやエッジコンピューティング、データベ…

続きを読む

2019.12.24

ノキアが日本でローカル5G市場に参入

 フィンランドの通信機器メーカー、ノキアが日本でローカル5Gの普及に向けたサービスプロバイダとの協業を本格的に開始した。来日した上席副社長のクリス・ジョンソン氏は「製造業などの導入を期待する」と語り、日鉄ソリューションズ(NSSOL)や丸紅、IIJ、日立国際電気の4社による企業向けローカル5G/プラ…

続きを読む

2019.12.24

AWSの年次カンファレンス

 米アマゾンのクラウド事業会社AWSが12月1日から6日までに米ラスベガスで開催した年次カンファレンス「AWSre:Invent 2019 reCap」のテーマは「トランスフォーメーション(変革)」だった。簡単に言えば、データセンターからAWSへ移行させることが新しいビジネスの創出など「トランスフォ…

続きを読む

2019.12.24

女性社員を増やすNEC

 NECが2025年に女性管理職を18年の5.9%から20%、女性社員を18年の17.1%から30%にする計画を公表した。12月5日に開催したESG説明会で、松倉肇取締役・常務執行役員が語ったことで、19年度の新卒採用の女性比率は31%になるなど、着実に増えている。ダイバーシティを受け入れる企業文化…

続きを読む

2019.12.10

NECが新規事業にクラウドファンディング活用

 NECが新規事業の立ち上げにクラウドファンディングを活用する。11月27日に発表したウェルネスサービスを展開するFiNCテクノロジーズと共同開発した歩行センシング・インソールの先行予約販売に活用するもので、NECで新規事業開発を担当する藤川修執行役員は「資金ではなく、市場の声を早く聞いて、商品開発…

続きを読む

2019.12.10

イー・ビジネスのWeChat活用する新ビジネス

 イー・ビジネスはこのほど、中国で11億人が使っている中国テンセントのコミュニケーションツールWeChatを活用したホテルなどの宿泊事業者向け接客・集客支援サービスの提供を開始した。中国人のインバウンドが急増する中で、観光地や買い物、食事、鉄道などの情報に対するニーズが高まっているとし、ホテルなどが…

続きを読む

2019.12.10

北國銀行が勘定系をクラウド化

 北陸を拠点にする北國銀行が2021年にも、勘定系システムをパブリッククラウドサービスに移行させる。日本ユニシスのWinサーバーで稼働するBankVisionを、マイクロソフトのAzureに移すもので、北國銀行が設立したシステム子会社が中心的な役割を担う。日本ユニシスなども出資する。  杖村修司専…

続きを読む

pagetop