メニュー

NEWS&TOPICS

ITビジネスニュース 一覧

最新ITニュース

2019.11.11

SHIFTの19年7月期

 ソフトテスト事業を展開するSHIFTの19年7月期は、売上高が前年同期比で52.7%増の195億3100万円、営業利益が同28.3%増の15億4000万円だった。松尾茂副社長は「保険業界やSAP関連の新規顧客の拡大が売り上げをけん引した」とし、中長期目標の売上高300億円へのマイルストーンを達成し…

続きを読む

2019.11.11

新野NEC社長の復活宣言近し

 NECが10月29日に発表した19年度上期の業績は好調だった。売上高は前年同期比で8.4%増の1兆4489億円、営業利益が同111.8%増の461億円となり、営業利益率は3.2%に改善した。新野隆社長は「2020年度の営業利益率5%などの目標を必ず達成する」と、復活の道のりがみえてきたという。 …

続きを読む

2019.11.11

サンスターのハブラシAI

 サンスターグループが10月17日、ハブラシAIに関する発表をした。スマホで自分の歯とハグキの画像を撮影し、いくつかの質問に答えると自分にあったハブラシを教えてくれるサービス。具体的には、ハグキの状態や、歯と歯の隙間など口の状態を、グーグルのAIで解析するもの。教師データは、同社が持つ約1万枚の口腔…

続きを読む

2019.11.11

RPAベンダーのUiPath

 米ニューヨークに本社を構えるRPAベンダー、UiPathの共同創業者兼CEOであるダニエル・ディネス氏が10月30日、来日会見で「エンタープライズの自動化に約10億ドル超を投資した」と、RPA市場におけるリーダーの地位を維持することを強調した。日本市場については、「高齢化に加えて、生産性の低さから…

続きを読む

2019.10.21

NSSOLの「SI力の革新」

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)の齋藤聡システム研究開発センター所長が10月9日、「SI力の革新」とし、AIによるシステム開発の高度化への取り組みなどを紹介した。様々なシステム開発から生まれるデータを収集、分析し、開発の生産性を少なくとも30%向上させるのが革新の目的だという。  システム研究…

続きを読む

2019.10.21

シスコ日本法人が2ケタ成長遂げる

 米シスコシステムズの日本法人は、19年7月期の売り上げが2ケタ成長を遂げたという。ディヴ・ヴェスト社長は10月8日の事業戦略説明会で、「日本は世界で一番、収益を伸ばした」と自慢する。中でも、情報通信産業事業は大幅な2ケタ成長を達成する。中小企業市場向けビジネスも16年から毎年、2ケタ増を記録する。…

続きを読む

2019.10.21

デジタル時代の経済指標

 野村総合研究所の此本臣吾会長兼社長は10月2日、新たな経済指標を示し、日本経済の成長率は実質GDP(国内総生産)の年平均0.7%を上回る年率3.8%との見方を示した。その指標とは、消費者が受けるメリットの消費者余剰のこと。簡単にいえば、フェイスブックのSNSなどが生み出す無料デジタルサービスから国…

続きを読む

2019.10.21

小田急電鉄のMaaS

 小田急電鉄が19年10月末から次世代モビリティサービスMaaSのPoC(実証実験)を開始する。独自に開発したMaaSアプリEMotを使って、電車やバス、タクシー、シェア自転車などを組み合わせた最適な経路を検索し、予約から決済までのサービスを提供するもの。星野晃司社長は「デジタルという新しい顧客接点…

続きを読む

2019.10.21

スタートアップワールドカップ2020

 スタートアップのエコシステム構築と起業家精神の育成などを目的にするスタートアップワールドカップ2020の記者説明会が10月初旬にあった。主催のペガサス・テック・ベンチャーズのアニス・ウッザマンCEOは「今回で4回目になるカップは、世界60カ所で地域予選を実施し、2020年5月22日にサンフランシス…

続きを読む

最新ITニュース

2019.10.21

業務の5割は自動化できる

 「業務の5割は自動化できる」と、米GE(ゼネラル・エレクトリック)のシェアードサービスを分離独立した米ジェンパクト日本法人の田中淳一社長は、RPAの活用などによって、自動化を今の2~3割から高められるという。  同社はユーザー企業からオペレーションを受託する、いわゆるBPO(ビジネス・プロセス・…

続きを読む

2019.10.08

デルがAMD搭載サーバーを発売

 米デルテクノロジーズの日本法人が9月18日、AMDの新しいプロセッサを搭載した新サーバーPowerEdgeを発表した。上原宏執行役員は「新しいコンピューティングを創っていくもの」と、新製品の位置付けを説明する。  新サーバーは従来機に比べて性能を2倍以上に向上させたもので、データセンター事業者や…

続きを読む

2019.10.08

曲がり角のCEATEC

 電子情報技術産業協会などが主催するIoT関連展示会CEATECが、世界のIT関連展示をは異なる道を歩みはじめている。日本のIT企業らの先進技術や製品を紹介し、国内外の企業や政府などに採用を働きかけるものではなく、日本政府が掲げる知識や情報を共有化す社会、Society5.0を紹介する展示会という色…

続きを読む

2019.10.08

日本MSのデジタル政府戦略

 日本マイクロソフトがこのほど、政府や地方自治体にクラウド活用を提案するデジタル・ガバメント統括本部を設立した。公共機関に売り込むパブリックセクター事業本部内に新設した同組織は、営業など35人を配置し、クラウド基盤AzureとOffice365、Dynamic365の導入を働きかける。  木村靖業…

続きを読む

2019.10.08

HPE日本法人のHCI戦略

 米ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)日本法人が9月24日、新しいHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を発表した。サーバーにストレージやネットワーク、ハイパーバイザーなどを統合したHCIは、数少ない成長ハード製品と言われているもので、販売競争が激化している。  そこで、HPEは…

続きを読む

2019.09.24

IBMの新汎用機Z15

 日本IBMが9月13日、新しいメインフレームZ15を発表した。山口明夫社長が記者会見に出席し、「基幹システムのへ適用と変革を加速させるデジタル変革の第2章にいる」と語り、Z15の重要性を説いた。背景には、クラウドやAIなど新しいテクノロジーを活用しての業務変革に向けたPoCによって、業務の20%を…

続きを読む

pagetop