メニュー

NEWS&TOPICS

ITビジネスニュース 一覧

2021.01.07

IDCジャパンの2021年10大予測

 IT調査会社IDCジャパンがこのほど、2021年の10大予測を発表した。寄藤幸治リサーチVPによると、新型コロナ禍における生活環境が危機対応フェーズから、リカバリフェーズ、そしてネクストノーマル(一般的にはニューノーマルと呼ぶ)へと進展し、新しい社会生活を受け入れるようになってきている。 予測1…

続きを読む

2021.01.07

早急に実現求められる自治体DX

 「コロナ対応で露呈した自治体のDX(デジタル変革)化を早急に実現する」。野村総合研究所(NRI)が20年12月に公表したICT市場トレンド予測はこう指摘し、マイナンバーカード以外の施策の重要性を説いた。  新型コロナは、自治体の行政手続きオンライン化の遅れを表面化させた。とくに申請や住所移転など…

続きを読む

2021.01.07

日本企業がグローバル・ジャイアントになれない理由

 「日本企業がグローバル・ジャイアントになれないのは経営思想、とくにキリスト教にある」。こんな理由を説くのは、アクセンチュアのビジネスコンサルティング本部インダストリーコンサルティング日本統括マネージング・ディレクター、中村健太郎氏だ。  中村氏は2000年から2020年にかけて、業界構造は変わっ…

続きを読む

2021.01.07

NEC、IBM、マイクロソフトのデジタル人材育成の違い

 20年12月中旬、NECとIBM、マイクロソフトが相次いでデジタル人材育成に関する発表をした。NECはAI、IBMは量子コンピュータ、マイクロソフトは就労支援、それぞれ異なる目的で人材育成に取り組む。  NECがAI人材育成に取り組む背景には、政府が19年6月に打ち出したAI戦略にある。年間に1…

続きを読む

2020.12.16

コニカミノルタが新中計を来春に先延ばした理由

 コニカミノルタの山名昌衛社長兼CEOが11月26日のオンライン会見で、10年後を見据えた中期経営戦略を発表するとともに、20年度からスタートする3カ年中期経営計画の発表を来春に伸ばしたことを明かした。  理由はいくつか考えられる。1つは、縮小する複合機の開発体制の見直しにある。山名社長は「(複合…

続きを読む

2020.12.16

伝統的な手法で取り組むNECのローカル5G事業

 NECが11月26日、ローカル5Gサービスの提供を開始した。網江貴彦執行役員は「5Gを専用ネットとして使うローカル5Gは、地域や産業での活用を期待されている」とし、5Gの課題である「コストが高い」や「運用が難しい」などを解決するために、ローカル5Gの企画から設計・導入、運用・保守までのサービスメニ…

続きを読む

2020.12.16

アクセンチュアがクラウド専門組織を新設

 コンサルティングファームのアクセンチュアがこのほど、クラウドによるDX(デジタル変革)を支援する新組織「アクセンチュア クラウドファースト」を設置した。約7万人のクラウド専門家らがユーザーのクラウドを前提に事業運営への転換を支援するもので、今後3年間に30億ドルを投入し、クラウド移行から業界のロー…

続きを読む

2020.12.16

阪井前富士通常務らが立ち上げたIT顧問会社

 富士通前常務執行役員の阪井洋之氏らがこのほど、ユーザー企業にデジタル化をサポートするITアドバイザを派遣する顧問ビジネスを展開するナレッジピースを設立した。阪井氏は大手ではなく、中堅・中小企業を対象と強調するが、同社取締役やITアドバイザの多くが富士通出身なので、真の目的はそれ以外にあるように思え…

続きを読む

2020.12.16

健康管理のiCAREが人材採用などに15億円の資金調達

 クラウド型健康管理システムCarelyを開発・運営する iCAREが12月9日、ベンチャーキャピタルやフォンドなどから総額15億円の資金を調達したと発表した。今回の資金調達は、黒字経営が安定化し、株式公開などを意識するシリーズCの次段階にあたるシリーズDラウンドに相当するもの。累計の調達額は24億…

続きを読む

2020.12.16

ナレッジスイートの20年9月期は営業赤字に転落

 クラウドベースの営業支援や業務支援などのアプリを提供するナレッジスイートが、20年9月期に営業赤字(2000万円)に転換した。DX(デジタル変革)による需要が拡大する中で、売上高が前年同期比で1.9%減の21億1800万円になったことに加えて、第4四半期にテレビCMに1億2200万円を投入したこと…

続きを読む

2020.12.16

TISのグローバル戦略、26年度に1000億円規模に

 大手SIerのTISが12月4日、グローバル事業の売り上げを2026年度に1000億円にする計画を発表した。グローバル本部長の古庄建作氏は「10年前のグループビジョン2026年で、SIerからサービス提供者へ変革し、ASEAN(東南アジア諸国連合)でトップクラスのIT連合体を組成するとした」と語り…

続きを読む

2020.12.16

ERPのインフォア日本法人が年率2ケタ成長を計画

 ERPなどを展開する米インフォアの日本法人が12月初旬、21年1月からスタートする新年度経営方針を説明した。三浦信哉社長は「20年度にオンプレとSaaSの合計売り上げは37%増になり、売り上げ比率が39対61になる」と明かす。  日本法人の過去4年間の業績は、サービス売り上げが120%(2.2倍…

続きを読む

2020.12.01

2年で売り上げ倍増計画を立てたブイキューブ

 Web会議システムを展開するブイキューブの間下直晃社長がこのほど開催したオンライン説明会で、2022年度(12月期)に売り上げを153億円(20年度見込み79億円)、営業利益を35億円(同9億円)にする中期経営計画を公表した。この数年間の業績は足踏み状態で、19年度は営業損失に転落もする。  そ…

続きを読む

2020.12.01

東芝がウイングアークに資本参加

 東芝グループでSI事業を展開する東芝デジタルソリューションズが11月17日、帳票ソフトなどを展開するウイングアーク1stに資本出資し、発行株式の15%を取得したと発表した。IoTなどから収集したデータの分析に力を入れるのが狙いで、島田太郎社長は「今回の提携により、両社の強みを生かして新たなデータビ…

続きを読む

2020.12.01

デジタルテック見本市CES2021の登録始まる

 AIやIoT、ビックデータなど先進技術やソリューションを紹介する世界最大規模のデジタルテック見本市が2021年1月11日から14日までの4日間、開催される。例年の会場は米ラスベガスだったが、今回は展示も講演もすべてデジタル、つまりオンラインで行うことになり、参加登録が12月1日に開始した(http…

続きを読む

pagetop