メニュー

NEWS&TOPICS

ITビジネスニュース 一覧

2019.07.24

TISのAI事業

 大手IT企業のTISが7月1日、博報堂と共同開発したAIを活用した発想支援クラウドサービスの提供を開始した。博報堂の社内で活用した企画プロセスを効率化するもので、たとえば「作詞だったら」、「主婦だったら」と他人の発想によって、新しい着眼点を発見する。開発の背景には、アイデア出し時間が増えていること…

続きを読む

2019.07.24

NTTデータのRPA事業

 「効果がすぐに出るので、自動化ツールの中で唯一、爆発的に売れている」。NTTデータでRPAビジネスを手がける社会基盤ソリューション事業本部の中川拓也氏はPRAの売れ行き現状をこう話す。同社のWinactorも19年3月末で約3000社に導入されたという。最近は定型業務の自動化からAIを活用した非定…

続きを読む

2019.07.24

7pay事件から分かったこと

 「信頼せずに常に検査するゼロトラスト・セキュリティの導入が必要」。セキュリティ事業を展開する米アカマイ・テクノロジーズ日本法人は、QRコード式スマホ決済アプリを開始した7payへの攻撃は同社のアクセス管理に問題があったのではないかと指摘し、ゼロトラスト・セキュリティの導入を提案する。  アクセス…

続きを読む

2019.07.24

CASEはASENAが進むワケ

 「先進国よりASEAN(東南アジア諸国連合)のほうが斬新的なサービスが生まれる」。野村総合研究所グローバル製造業コンサルティング部の岡崎啓一部長は規制の少ないタイやマレーシア、シンガポールなどから自動車産業に変革を迫るCASE関連のサービスが開発されると予想する。  CASEとはコネクテッド(つ…

続きを読む

2019.07.08

アクセンチュアのAIサービス

 アクセンチュアがAIサービス商品の品ぞろえに乗り出した。背景には、AI導入がうまくいってないことがある。ゴールを設定せずに、AI導入を目的にしてしまったからだ。そこで、業務の効率化・高度化を図れる業務適用型AIサービスを開発した。  サービス商品はいくつかある。1つは、コールセンターなどの問…

続きを読む

2019.07.08

サイオスがサブスク事業に参入

 オープンソースを活用したソフトやサービスの開発を展開するサイオステクノロジーが近く、サブスクリプション・プラットフォーム事業に進出する。定額制や従量課金などのルールエンジンに加えて、外部連携API(アプリケーション・プロトコル・インターフェイス)基盤、ビジネス収益最大化を支援する機能を提供する。来…

続きを読む

2019.07.08

マイクロソフトのパートナーはユーザーに

 日本マイクロソフトは6月24日、クラウド基盤Azureの販売を強化するため、新たなパートナー制度を立ち上げた。その中核にしたのは、SIerや販売会社などIT企業ではなく、ユーザー企業である。AIやIoTなど活用した業種別ソリューションを揃えるには、ユーザー企業の事例をソリューションに仕立てるのが最…

続きを読む

2019.07.08

あほみたいに売れるOffice365

 「デマンドがあほみたいにあるので、断っている」。マイクロソフトのクラウドサービス製品を販売する米アバナード日本法人の安間裕代表取締役は6月21日の記者会見で、マイクロソフト製品の売れ行き状況を嬉しそうに語っていた。「ERP製品にはSAPやオラクルもあるが、これらは高額なので、行き先はダイナミックC…

続きを読む

2019.06.24

日本IBM新社長の山口氏

 日本IBMの社長に5月1日、就任した山口明夫氏が6月5日の記者会見で、日本市場における売り上げ拡大を図る考えを明かした。施策はコンサルティングやアプリ開発などを担うGBS(グローバル・ビジネス・サービス)事業とアウトソーシングなどを展開するGTS(グローバル・テクノロジー・サービス)事業を一体化さ…

続きを読む

最新ITニュース

2019.06.24

NCS&Aの決算からみえること

 中堅受託開発のNCS&Aが6月14日、18年度の決算説明会を開催した。辻隆博社長は、トップラインの拡大と収益体質の改善により、中期経営計画の数値目標である2020年度に売り上げ220億円、営業利益10億円を達成する考えを語った。重点施策は、主力ソリューションでトップラインを上げることに加えて、プラ…

続きを読む

最新ITニュース

2019.06.24

AIスクエアの要約システム

 AIエンジンやソリューションを開発するエーアイスクエアは6月5日、機械学習ベースのAI対話要約・分類ソリューションを発表した。同ソリューションの導入によって、労働生産性は数十倍から数百倍向上するという。石田正樹社長はその一例として、徳島県知事のコメント作成を挙げた。2人の職員が1週間かかっていた作…

続きを読む

最新ITニュース

2019.06.24

セールスフォース日本法人が赤字の理由

 米セールスフォース・ドットコム(SFDC)の日本法人は赤字だった。19年1月期の売上高は736億6600万円だが、営業損失が9900万円、当期純損失が9億4500万円(18年1月期も10億6800万円のマイナス)と赤字を続けている。小出伸一社長は4月の創業20周年記念パーティで、2024年に社員を…

続きを読む

2019.06.24

JISAの原新会長

 19年6月の総会で情報サービス産業協会(JISA)の会長に就任したリンクレアの原孝特別顧問が6月11日の総会後の懇親会で、「日本は100年以上の企業が3万社もある長寿企業国」と挨拶し、受託ソフト開発会社も創業100年を目指して変革を遂げる必要性を説いた。そのためには、世界で戦えるITエンジニアの育…

続きを読む

2019.06.13

NECが創薬事業に参入

 NECは5月27日、創薬事業に参入すると発表した。これまでも多くのIT企業がAIを活用した創薬開発の支援に取り組んできたが、フランスのバイオテクノロジー企業と手を組んで、欧米で治験を行って、創薬の開発に取り組むもの。新規ビジネスを担当する藤川修執行役員は「NECは創薬事業を行う会社になる」とし、ビ…

続きを読む

2019.06.13

JEITA新会長の遠藤NEC会長

 電子情報技術産業協会(JEITA)の新会長に5月末に就任した遠藤信博NEC会長は5月31日、記者会見し、Society5.0を支える業界団体になったとし、その実現に向けたルール作りなどに取り組む計画を語った。同時に、JTBやセコムの2社が副会長に就き、課題解決型の業界団体への変革を進めるともした。…

続きを読む

pagetop